4月26日ノートルダム楽派の音楽(東京)
ノートルダム楽派や中世の宗教音楽の発展についての説明

ノートルダム楽派について

12~13世紀
フランス・パリで花開いた音楽で、本格的に音高とリズムが示される現存する最古の楽譜で表された多声音楽が、写本に多数残されている。
主な写本が3つあるが、これらは実際曲が作られた時代より後にコピーされたもの。
また、この時代を語るときに必ず出てくるレオニヌスとぺロティヌスという2人の人物の名前も、それより2~3世代後の人物(AnonymousIV)が書き残した論文の中で語られているだけで、ノートルダム楽派当時の直接の音楽や言葉を残す資料は現存していないので、不明なことやあいまいなことがたくさんある。

3つの写本やAnonymous IV
の言葉などから、この時代3つのジャンルの音楽がさかんに作られていたことがわかる。
オルガヌム・コンドゥクトゥス・モテトゥスで、形式としては分けられるが、曲の作られ方・発想は共通するものがある。

ノートルダム楽派の音楽は、即興と作曲(創作)の間にあり、曲が2声から3声~4声になっていく中で、一定のルールや形式、また記譜法が整ってきた。リズムモードとリガトゥーラ(連結音符)の知識があれば、ある程度曲を再現することはできるが、演奏する際は歴史的背景をいつも意識する必要がある。特に自然倍音を基にした協和音程などを、知識としてではなく、実際の響きの中で感じ取り、またそのように歌えるような歌い方を身につけて、実際の音に反応していく(即興的な)感性を養うことが重要。

中世の(宗教)音楽の特徴

キーワードは”パラフレーズ”。西欧に定着したグレゴリオ聖歌のテキスト・メロディーを基に、音と言葉によって次々に装飾を施され、説明や注釈が付け加えられ、華やかに長大になると同時に、次第に元の曲から離れ、独立した新しいジャンルが生み出されていった。
音によって:メリスマ・オルガヌム・クラウズラ・モテット
言葉によって:トロープス・セクエンツィア(プローザ)・モテット

今年度取り組む曲

Beatis nos adhibe/Benedicamus Domino (3声コンドゥクトゥスモテット)
Benedicamus
Domino (3声オルガヌム)

とりあえず、この2曲を学び時間があれば、さらに別の曲も歌うかも。
ノートルダム楽派やその1つ前の時代アキテーヌポリフォニー(サンマルシャル楽派)の時代の写本には、たくさん多声の BendicamusDominoが残されている。もともとこの言葉はミサの最後や聖務日課の中に出てくる非常に短いフレーズの受け答え。それがオルガヌムによって引き伸ばされ装飾され、さらにそこに言葉(テキスト)が挿入されて、一定のリズムの中で歌われたのが今回のコンドゥクトゥスモテット。
曲の動きとしてはすでに即興感はないが、まさに中世音楽のエッセンスが詰まった曲。
リズムなどはなんら難しいこともない曲だが、これをどれだけ協和音程や倍音を感じながら、そしてテキストと向き合いながら歌うことが出来るかが課題。1年じっくり取り組んでいきましょう。

以上説明のあと、当時の楽譜のコピーをみながら、まずは基となる Benedicamus Dominoの単旋律を、全員で歌う。
単旋律のメロディーの中にも、自然倍音的な残響からくる別の音や主(核)になる音というものが存在する。それを感じながら、旋法的な歌い方について学び、注意深く声と響きを合わせていった。

さらに、上2声のモテットのテキストとメロディーを一節ずつ確認していき、最後に3声で合わせることを繰り返した。
一つ一つの声部の役割や音の主従関係をいちいち意識し、しっかり頭、そして耳で認識した上で、確認しながら声を合わせる。
しかし、最終的にはそれが一体となり、言葉と響きが”動いていくこと”が最も重要。
響きを合わせるためには、発声や発音を合わせ、集中して五感を総動員することも必要。
少ししか進めなかったが、充実した響きが感じられた瞬間もあった。

次回は、続きをどんどん進んでいく予定ですので、言葉とメロディーとしっかり勉強してきてください。

(NY)









[PR]
by fonsfloris-k | 2015-04-26 14:00 | 講座レポート
<< 5月2日 古ネウマ研究(東京) 4月18日 ルネサンス音楽入門... >>