5月6日 グレゴリオ聖歌入門(東京)
2017/5/6 10:00
祐天寺のフォンスフローリス古楽院にて
グレゴリオ聖歌入門講座の第二回目が櫻井先生のもと
行われました。

今回は、実際の歌い方のテクニックに重点を
置いた指導をうけながらキリエとグローリアを
歌いました。


☆ドミナントが来たらその音にとどまるイメージ。
☆音程が変わる時に喉で切らないように。
イメージとしては急速なポルタメント。
有声子音の時も同様。

☆ピタゴラス音律
純正な五度を取っていくと
平均律より2セント広いために、オクターブに収めるために
余計な24セント分をAsとCesの間に寄せる音律。
単旋律においてこの音律を使用するのは、半音はより狭く、
全音は広いために旋律のキャラクターがはっきりするので使用する。

☆音程が気になるときは、息を増やす。
☆ずっと基準音を心の中に鳴らしておくとよい。

☆"あ"の時の舌の位置より低くしない。
”お”、"う"は口をすぼめ、舌が下がらないようにすること。
→音程が低くなり、高い音程をとりづらくなるため。

(H.I.)

[PR]
by fonsfloris-k | 2017-05-06 10:00 | 講座レポート
<< 5月6日 ルネサンス音楽入門(東京) 4月29日 ルネサンス音楽2 ... >>