10月14日 ルネサンス音楽入門講座(東京)
10/14 13:30より、ルネサンス音楽入門講座が櫻井先生の指導のもと、
えびらホールで行われました。

ハインリッヒ・イザークのProphetarum maxime
の225ページから227ページまでと
"インスブルックよさようなら"を歌いました。


☆225ページからフェルマータまで、和声的な動きとなっているが、
原則ピタゴリアンに則る。
しかしとりわけトニックとして安定した三度の響きが出てきた時は三度を狭めに取ることで三度を綺麗に響かせる。

☆声帯の筋肉:TAとCTのバランスを整えることで、ハリのある声になる。
これはポリフォニーの時は輪郭をはっきりさせたほうがよいので特に大切。

日本のuと西洋のuは舌の位置としては同じであるが唇の形だけが違う。舌を押し下げないように注意。


☆ストローを使用した練習法
・歯で噛まない
・口の中の状態を通常時と変えない
・鼻から空気を漏らさない
・少ない息の量で歌う練習にいい

(H.I.)

[PR]
by fonsfloris-k | 2017-10-14 13:30 | 講座レポート
<< 11月11日 グレゴリオ聖歌入... 10月14日 グレゴリオ聖歌入... >>