2017年 05月 06日 ( 2 )
5月6日 ルネサンス音楽入門(東京)
2017/5/6 13:30
祐天寺のフォンスフローリス古楽院にて
ルネサンス音楽入門講座の第二回目が櫻井先生のご指導のもと
行われました。

イザークのProphetarum maxime
の221ページまでラテン語の歌詞を当てました。

☆休符について、セミブレヴィスとミニマに当たる休符は
モダン譜の全休符と二分休符の黒い面積が線になったものと思うと覚えやすい。

☆パートによって難しさが異なり、コントラテノールはテノールの間を埋めるように装飾的であり難しい。

☆楽譜の端を同時に眺めることで大局観を持つと、他のパートも聞こえるはず。
拍を数えるというよりかは、他のパートを聞いて歌うこと。

原典の計量譜には歌詞が一部特殊な書き方になっているので注意。(H.I.)

[PR]
by fonsfloris-k | 2017-05-06 13:30 | 講座レポート
5月6日 グレゴリオ聖歌入門(東京)
2017/5/6 10:00
祐天寺のフォンスフローリス古楽院にて
グレゴリオ聖歌入門講座の第二回目が櫻井先生のもと
行われました。

今回は、実際の歌い方のテクニックに重点を
置いた指導をうけながらキリエとグローリアを
歌いました。


☆ドミナントが来たらその音にとどまるイメージ。
☆音程が変わる時に喉で切らないように。
イメージとしては急速なポルタメント。
有声子音の時も同様。

☆ピタゴラス音律
純正な五度を取っていくと
平均律より2セント広いために、オクターブに収めるために
余計な24セント分をAsとCesの間に寄せる音律。
単旋律においてこの音律を使用するのは、半音はより狭く、
全音は広いために旋律のキャラクターがはっきりするので使用する。

☆音程が気になるときは、息を増やす。
☆ずっと基準音を心の中に鳴らしておくとよい。

☆"あ"の時の舌の位置より低くしない。
”お”、"う"は口をすぼめ、舌が下がらないようにすること。
→音程が低くなり、高い音程をとりづらくなるため。

(H.I.)

[PR]
by fonsfloris-k | 2017-05-06 10:00 | 講座レポート