カテゴリ:その他( 55 )
◆ 2015年度関西講座の発表会 ◆
11月8日(日)午後4時から「母の家ベテル」にて、たくさんのお客様をお迎えして、2015年度関西講座の発表会が開かれました。
演奏プログラムはこちらをご覧ください。

-----------------------------------------
クリックしてダウンロード
20151108プログラム.pdf (278 KB)
--------------------------------------------


総合講座:グレゴリオ聖歌とイザーク《コラーリス・コンスタンティヌス》による聖母のお告げの祝日の固有唱
f0201614_15573646.jpg


アンサンブルクラスはデュファイのミサ《見よ、主のはしため》を全曲歌いました!
f0201614_15574563.jpg


終演後に全出演者で
f0201614_15575260.jpg

[PR]
by fonsfloris-k | 2015-11-08 16:00 | その他
関根先生のホームページのご案内
音楽史講義「フランスバロックオペラの変遷」の関根敏子先生のホームページをご案内します。
6月1日からのNHK放送のご案内、次回(7月18日)の講座案内、そして前回講座に使用した映像(youtube)をご覧頂けます。
*********************
7月18日の講座
リュリ「ペレロフォン」~ルイ14世時代のオペラ~
へのお申込みをお待ちしております。
申込先:窪田
m-kubota@fonsfloris.com
*********************







[PR]
by fonsfloris-k | 2015-05-30 22:45 | その他
音楽史講義「フランス・バロック・オペラの変遷」のご案内
音楽史講義「フランス・バロック・オペラの変遷」を担当される関根敏子先生からのメッセージを掲載します。
========================
みなさま、こんにちは。また古楽院での講座が始まる季節となりました。

ルイ14世の没後300年にあたる今年は、太陽王のために創始されたフランス・バロック・オペラを中心に、そのルーツであるバレ・ド・クールから、革命前のオペラ・コミックまでの歴史をたどっていきます。
第1回は、「サン・ジェルマンの森の妖精たち」。
これは、1625年にルーブル宮殿で上演され、ルイ13世と宮廷貴族たちが踊ったバレ・ド・クールです。
講座では、1581年にアンリ3世の王妃カトリーヌ・ド・メディシスによって催された最初のバレ・ド・クール「シルセ、あるいは王妃のバレ・コミック」の舞台や衣装デザインなども紹介します。
どうぞお楽しみに。
(関根敏子)
========================

問い合わせ先:窪田 m-kubota@fonsfloris.com
NEW フォンス・フローリス古楽院ウェブサイト 060.gif
072.gif東京講座
http://www.fonsfloris.com/k/2015tokyo.html
072.gif関西講座
http://www.fonsfloris.com/k/2015kansai.html
[PR]
by fonsfloris-k | 2015-04-06 23:43 | その他
フォンス・フローリス古楽院(東京) 2015年度講座案内
古楽院(東京)の2015年度講座をご案内いたします。
春の「初めて」シリーズが好評です!
(画像をクリックすると大きく表示されます)
ぜひお早めにお申し込み下さい。

講座案内のパンフレットはこちらからご覧ください。
http://www.fonsfloris.com/k/pdf/KogakuinTokyo2015.pdf

お問合せやお申し込みについては、下記まで遠慮なくご連絡ください。
フォンス・フローリス 窪田: m-kubota@fonsfloris.com
f0201614_16441937.jpg

f0201614_16443872.jpg
f0201614_16454847.jpg

f0201614_16452977.jpg

f0201614_1645798.jpg
f0201614_16455878.jpg
f0201614_16461171.jpg

[PR]
by fonsfloris-k | 2015-01-05 16:47 | その他
「フランス・バロック音楽を聴く~ラモー没後250年を記念して」のご案内
音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く~ラモー没後250年を記念して」
第4回 9月13日(土) 午後6時半~9時
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
第4回は、ラモーの最初のオペラ「イポリットとアリシ」です。
ラモーは子供の頃からオペラ作曲家になることを夢見ていましたが、
その夢が実現されたのは、50歳の時でした。1733年に発表した
最初のオペラは、太陽王ルイ14世の時代の音楽家リュリが創り出した
フランス・バロック・オペラの伝統に従っています。同時代のイタリア・オペラ
と大きく違うのは、古典悲劇とバレエが重視されていたこと。古典悲劇からは、
舞台での格調高いフランス語の韻律や抑揚を歌の旋律に活かしています。
またバレエ場面の重視は、太陽王ルイ14世が踊りを好んでいたからです。
ラモーの最初のオペラ「イポリットとアリシ」の台本は、古代のギリシャ悲劇では
なく、リュリが手本とした大劇作家ラシーヌの悲劇「フェードル」からとられています。
とはいえ、ラモーのオペラは、伝統に従いながらも、斬新な個性で新しい旋風を
巻き起こしました。それは、同時代の大作曲家が「10のオペラが入っている」
と感嘆したほどでした。
こうしてラモーは、続く第2作「優雅なインドの国々」とともに、
フランス・バロック・オペラの第2の黄金時代を築き上げたのです。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
☆お知らせ☆
第6回の講義は、先生のご都合で11月15日(土)に変更になりました。

※1回ごとにお申し込みいただけます。
受講料:各回 4,000円(学生:2,500円)
講議の後にはフランス・ワインと茶菓をお楽しみ頂けます。
★申込・問合:窪田 m-kubota@fonsfloris.com
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-09-09 15:56 | その他
ラモー演奏会のプログラム・ノートを公開中!
花井哲郎先生が執筆された演奏会プログラムノートが期間限定で公開されています。
ぜひお読みください!
フォンス・フローリス・ブログ http://fonsfloris.exblog.jp/22510229/
******************
第7回コンセール・スピリテュエル
「ジャン=フィリップ・ラモー没後250年記念」
宗教作品全曲演奏会
******************

曲目:
ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau (1683-1764)
「神はわたしたちの避けどころ」“Deus noster refugium”
「あなたの住まいは何と麗しいことでしょう」“Quam dilecta tabernacula tua”
「主が連れ帰ってくださったとき」“In convertendo Dominus”
「わたしは叫び続けて疲れ」“Laboravi clamans”

演奏:
〈独唱と器楽〉古楽アンサンブル コントラポント
〈合唱〉合唱団フォンス・フローリス
〈指揮〉花井哲郎
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-08-24 23:11 | その他
「合唱のための発声講座」後期受講生募集中
「合唱のための発声講座」(指導:望月裕央先生)の後期受講生を募集中しています。
http://www.fonsfloris.com/k/#V
スケジュールは次のとおりです。
---------------------------
水曜日:9/3、10/1、11/5、12/3、1/7
木曜日:9/11、11/6、12/4、1/22、2/12    
金曜日:9/19、10/17、10/31、11/21、12/19
----------------------------

詳細はお問い合わせください。
窪田:m-kubota@fonsfloris.com 
   携帯 080-5099-3751
   電話/FAX 04-7140-7225
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-08-04 16:21 | その他
フォンス・フローリス古楽院夏期合宿のご案内


フォンス・フローリス古楽院夏期合宿
日程:2014年8月8日(金)~10日(日)

----+----|----+----|----+----|----+----|----+----|----+----
今年度もグレゴリオ聖歌を集中的に学ぶ夏期合宿を行います。
(今年度は、事前準備講習はありません。)
八ヶ岳の麓、長野県原村にある響きのよい木造りの教会で練習します。
夕方には聖歌による夕べの祈りを行い、
夜は原村のペンションに宿泊、親睦会もあります。
最終日には富士見のベネディクト会修道院にて神父様のお話を伺った後
練習した曲を御ミサで奉唱して合宿を締めくくります。

講習会場:八ヶ岳中央高原キリスト教会
    http://www.lcv.ne.jp/~nmajapan/
宿泊:ますやまペンション(1泊2食付 9,000円程度)
   http://www.lcv.ne.jp/%7emasupen
参加費:15,000円(9日昼食代込み、交通費別途)
----+----|----+----|----+----|----+----|----+----|----+----

お友達とお誘い合わせてのご参加も歓迎いたします。
皆様のお申込みをお待ちしています。
お申込み、お問い合わせ:窪田:m-kubota@fonsfloris.com




[PR]
by fonsfloris-k | 2014-06-04 11:15 | その他
◆◇◆ ラモーへのお誘い ◆◇◆
今年はフランス・バロックの巨匠ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau (1683-1764) 没後250年を記念して、世界各地で、そして日本でも様々な演奏会が企画されています。フォンス・フローリス関連でも8月31日に合唱団による宗教音楽全曲演奏を予定していて、目下鋭意練習中です!http://www.fonsfloris.com/choeur/

そしてフォンス・フローリス古楽院でもラモーを聴き、学ぶ講座が今週から始まります。通して受講すればラモーの全体像を知ることができます。1回ごとの受講もできますので、気になる回だけでもぜひおいでください。講義のあとはおいしいフランス・ワインを楽しみながら、フランス・バロック談義に花を咲かせましょう。
☆古楽院のテレビを新調しました!前より大きく美しい画面で画像等お楽しみ頂けることと思います(^.^)
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く
〜ラモー没後250年を記念して」
講師:関根 敏子

受講料(茶菓代含む):1回ごと 4,000円 6回通し 20,000円
土曜日 18時30分〜21時 5/10、6/14、7/12、9/13、10/11、11/8
申込・問合:窪田 m-kubota@fonsfloris.com
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

2014年はフランス・バロックの大作曲家ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)の没後250年にあたります。この機会にこの大作曲家の作品を、CD 音源やビデオなどを使って体系的に聴いていこうという講座です。フランス・バロックのスペシャリストで、NHK FM 「古楽の楽しみ」の解説でもおなじみの音楽学者、関根敏子先生が楽しくお話しします。代表的なオペラについては、あらすじ、見所などを解説した後に、ハイライトをじっくり鑑賞していきます。各回ごとの受講も可能です。
講義後にはフランス・ワインと茶菓をお楽しみいただけます。

 第1回5月10日ラモーの生涯と鍵盤音楽(1. 舞曲)
 第2回6月14日鍵盤音楽(2. 標題曲)、クラブサン合奏曲集
 第3回7月12日世俗カンタータ、宗教音楽
 第4回9月13日オペラ1「イポリットとアリシ」
 第5回10月11日オペラ2「プラテ」
 第6回11月8日オペラ3(未定 お楽しみに!)


関根敏子《プロフィール》
桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科(音楽学)卒業後、フランス政府給費留学生としてフランス国立パリ高等音楽院(パリ・コンセルヴァトワール)に学ぶ。またチェンバロをスコット・ロス、トン・コープマン他の各氏に師事。帰国後、桐朋学園大学・早稲田大学・立教大学講師を経て、現在は昭和音楽大学・東洋大学・白梅学園大学各講師、音楽文献目録委員会事務局長。その他、新潟大学・京都市立芸術大学での集中講義、朝日カルチャーセンター、さらに新聞や雑誌の評論など。NHK-FM番組「古楽の楽しみ」を担当。
主要な著訳書:『古楽演奏の現在』(監修)、『西洋の音楽と社会:後期バロック』(監訳、2巻)、『ドメニコ・スカルラッティ』[いずれも音楽之友社]、A.ヘリオット著『カストラートの世界』(国書刊行会、共訳)、ドメル・ディエニー著『演奏家のための和声分析と解釈:フォーレ』(シンフォニア、 翻訳)、『音楽がわかる。』(共著、朝日新聞社)、『21世紀の音楽入門1〜7(共著、教育芸術社)、リスト著「ショパン」(訳)他、多数
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-05 11:37 | その他
古楽院(東京)トライアル参加募集中!
今年も古楽院の講座が始まりました。
これからスタートする講座もあり、パートによってはまだお申し込みいただけます。

また下記の講座で、トライアル受講が可能です。
新年度講座の第1回目に限りの受付です。
お気軽にお申し込みください。
●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●
【音楽史講義2「ルネサンス音楽の曙」】
http://www.fonsfloris.com/k/#Lh
講師:花井 哲郎・遠藤 衣穂
日時:4月25日(金)19時30分~21時30分
参加費:3500円

【音楽史講義1「基礎から学ぶ中世・ルネサンス音楽史」】
http://www.fonsfloris.com/k/#Le
講師:遠藤 衣穂
日時:4月26日(土)10時~12時
参加費:3500円

【グレゴリオ聖歌2  ミサの聖歌】
http://www.fonsfloris.com/k/#Gm
講師:花井 哲郎
日時:4月26日(土)13時~15時15分
参加費:3500円

【ルネサンス音楽1 デュファイと即興和声の楽しみ】
http://www.fonsfloris.com/k/#Rd
講師:花井 哲郎
日時:4月26日(土)15時30分~17時45分
参加費:3500円

【ルネサンス音楽2 ジョスカンの神秘的なモテット】
http://www.fonsfloris.com/k/#Rj
講師:花井 哲郎
日時:5月10日(土)13時~15時15分
参加費:3500円

【ルネサンス音楽3 フランドル楽派の楽しいクリスマス・モテット】
http://www.fonsfloris.com/k/#Rr
講師:花井 哲郎
日時:5月10日(土)15時45分~18時
参加費:3500円
●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●-●

トライアルを希望される場合は、前日までに下記へお申し込みください。
★申込・問合:窪田 m-kubota@fonsfloris.com★

各講座のご案内

実践講座ではまず、
グレゴリオ聖歌2  ミサの聖歌(Gm) 講師:花井 哲郎
がお勧めです。10世紀のネウマ譜を解読しながらグレゴリオ聖歌を歌うことで、西洋音楽の根源に触れることができます。ネウマは始めは取っつきにくいですし、何度やっても忘れてしまうこともあります。でも辛抱強く続けることでじわりじわりと聖歌の良さが伝わってくるのです!

ルネサンスは3つの講座がこれから始まります。
ルネサンス音楽1  デュファイと即興和声の楽しみ(Rd) 講師:花井 哲郎
ルネサンス音楽2  ジョスカンの神秘的なモテット(Rj) 講師:花井 哲郎
ルネサンス音楽3  フランドル楽派の楽しいクリスマス・モテット(Rr) 講師:花井 哲郎


計量記譜法の楽譜を使って歌います。こちらも初めての方は目を白黒!になりますが、1年もすればルネサンス音楽を現代の楽譜で歌うなんて、もう考えられなくなります。それほどその時代の楽譜というのは、その時代の音楽にふさわしいものなのです(当たり前ですね!)。
デュファイでは即興的に和音を作っていく楽しみを味わえます。ほとんど定員に近づいていますがジョスカンは、この世のものとは思えない神秘的な美しさをたたえた音楽です。レジスはご存じの方ほとんどおられないと思いますが、デュファイとジョスカンの中間の時代に位置する大作曲家で、複雑ながらもなじみやすいクリスマスの旋律が次から次へと現れてくる、楽しい名曲です。

このルネサンス3講座には、
フォローアップ講座 指導:安邨 尚美 ※ルネサンス音楽1、2、3受講生対象
が用意されています。特に記譜法が初めてで右往左往してしまった方や、こういう音楽をどういう発声で歌ったらいいか分からない方など、あとからじっくりおさらいすることができます。

そして、実はとても楽しく、また間違いなく「ためになる!」のが3つの講義です。
音楽史講義1「基礎から学ぶ中世・ルネサンス音楽史」(Le) 講師:遠藤 衣穂
音楽史講義2「ルネサンス音楽の曙」(Lh) 講師:花井 哲郎、遠藤 衣穂
音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く~ラモー没後250年を記念して」(Ls)講師:関根 敏子


こちらは歌うのはちょっと、という方でも、安心して参加できます。中世・ルネサンスの音楽なんて、何にも知らない、という方には音楽史講義1がお勧めです。熱血講師が懇切丁寧に解説し、また簡単な課題に取り組むことで、主体的に学ぶことができます。ルネサンス音楽の歴史を本格的に学びたい方はぜひ音楽史講義2を。英語の音楽史の著作に沿って、音源を聴いたり楽譜を見たりしながら、講師がその内容を説明していきます。

そして、ラモーを学ぶなら今年でしょう!フランス・バロック音楽の講座はフランス音楽スペシャリストの音楽学者が、フランスの旬な情報をたっぷり織り込みながら、ラモーの全体像に迫ります。オペラの DVD を解説付きで観ることができて、そのうえ講座後にはフランス・ワインも楽しめるという、とてもお得な講座です。
★音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く」は通年または1回ごとにお申し込みいただけます。
http://www.fonsfloris.com/k/#Ls

初めての方もぜひ門をたたいてみてください。お気に召しましたら、その後引き続き通年で受講することができます。
すてきな仲間たちと一緒にこの素晴らしい世界を体験しましょう!
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-04-18 09:23 | その他