<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2月22日 ルネサンス音楽を歌う(関西)
(アシスタントによる補習) 指導:井上直子、補佐:稲田知子
受講:7名(S5、A1、B1) うち4名は計量記譜法初めて

<1>計量記譜法の簡単な説明(主に不完全テンプスに関わる事項のみ)
<2>Victoria, Sancta Maria, succure miserisの譜読み
<3>Sancta Maria, succure miserisの歌詞読み

★次回3/21の講座ではSancta MariaとAve maris stellaを歌う予定。

配布プリント
・白色計量記譜法についてのプリント
・Sancta Maria, succure miseris、Gaude Virgo、Ave maris stellaの歌詞カード
[PR]
by fonsfloris-k | 2009-02-22 15:45 | 講座レポート
2月22日 フランス・バロックの合唱曲を歌う(関西)
<1> 概要説明
・演奏プログラム順は、Lalande, Jubilate Deo、Lully, Miserere、休憩、petit choeurによる曲、Lalande, Te Deumの予定。
・a=415Hz(半音下げ。ヴェルサイユピッチよりは半音上げ)
・ド・ラランド「テ・デウム」には4稿あり、出版されていない第2稿を用いる。録音されているものは第4稿が多いので要注意。第2稿はウィリアム・クリスティによって録音されている。
(以下、Dessusはソプラノ、Haute-Contreはアルト、Tailleはテノール、Basse-Tailleはバリトン、Basseはバス、をさします。)

<2>発音の注意
すべて17世紀フランス式ラテン語発音。
(3月22日の講座で「17世紀フランス式ラテン語ガイド」というプリントが配られ、新たに発音に関する説明がありました。2月22日の講座でなされた説明から変更になった点がいくつかありましたので、2月22日分の内容を削除します。発音については、3月22日に配布されたプリントをご覧ください)

<3> Lalande, Jubilate Deoの譜読み
1. Jubilate Deo(最初のセクション)
・イネガルはほとんどなし。16分音符の順次進行で軽くイネガルにする。
・装飾の[+]はtremblement(上から)
★157小節以降は宿題!!
4. Laudate nomen ejus
・119小節:Basseの3拍目 d → cis
・126小節(最後の小節):Tailleのcisの音にtremblement追加 

<4>Lully, Miserereの譜読み
・51-2小節:Haute-Contreは上段のソロパートと同じにする。
・51小節:Basseの1拍目と次の音 f → fis
・87小節:歌詞 sempre → semper
・91小節:Basse-Tailleの1拍目 a → as
・100小節の小節番号を1つ前の小節に移す。
・118小節:Haute-Contreの3拍目以降 es → e
・121小節:Dessusの歌詞の ris を取る。
・128-9小節:Dessusに上段のソロパートと同じtr.をつける(129小節はタイをつけたまま。ソロパートの方にタイを追加)
・254小節:Basse-Tailleの2拍目fについている♭を取る
・254小節:Basseの2拍目 d → des
・262小節:Basseの最後の8分音符 c → b
・468小節:Basse-Tailleの3つめの8分音符(2拍目裏の音) g → a
・470小節:Bass-Tailleの2つのgの音が4分音符になっているのを両方8分音符に。
・478小節:Basseの最後の8分音符 g → a

<5>Lalande, Te Deum(前半:249小節まで)の譜読み
・152-179小節はDessusが2部に分かれる。

配布プリント
・Lalande, Jubilate Deoの楽譜
・Lully, Miserereの楽譜
・Lalande, Te Deumの楽譜前半(249小節まで)
[PR]
by fonsfloris-k | 2009-02-22 14:00 | 講座レポート
フォンス・フローリス古楽院
2005年3月に開講したフォンス・フローリス古楽院は、今年で5周年を迎えます。

花井哲郎氏の指導の下、西欧の中世・ルネサンス・バロックの時代の音楽を、主に歌のアンサンブルを中心として学んできました。単純な線や点が並ぶだけのネウマに深い音楽性があることを知って感動したり、大きな楽譜を皆で囲みながら歌う楽しさを味わったりしています。

講座は、東京と関西の2か所で行われ、グレゴリオ聖歌を学ぶクラス、計量記譜法でルネサンス音楽を少人数アンサンブルで歌うクラス、フランス・バロックの合唱曲を演奏会で発表するクラスなどがあります。また、毎年発表会を行って、講座の成果を披露しています。

フォンス・フローリス古楽院
http://www.fonsfloris.com/
f0201614_9441344.jpg

[PR]
by fonsfloris-k | 2009-02-20 00:00 | 古楽院の庭から