<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
9月11日 アンサンブルクラス(関西)
オケゲム ミサ「カプト」 キリエ・グロリア
ビクトリア「アベ マリス ステラ」
ビクトリア「アベ マリア」8声
オケゲム ミサ「カプト」 クレド

1)オケゲム ミサ「カプト」 
拍節感がないのに全部がぴったり合うためには、それぞれのi-wiを意識的にはっきりさせる事、誰が何をしているのかを、聴こえるように歌う事、そして、それを聴いて反応する事が大切です。
  声の使い方、声部の聴き方等 高度な要求ではあるが、それがこの音楽の素晴らしさにつながるのです。
  拍子をとってリズムを規則的に刻んでしまうと、この音楽はすぐに死んでしまうのです。
キリエⅠ
・細かく動く声部は、聴こえるように歌う事を心がける。一番先に動くTen.は特に重要。
・Sup.とTen. eleyのleでそろう。(ゴムがはじけるように)
・Sup.10拍目からの細かい音、ぴょんぴょんしない。
   ・2の7拍目からカデンツが始まる。その前の音量を一旦落とす。
     Ten.はリガトゥーラを大切に。  
クリステ
・最初の和音(ラドミ)、空気のように薄く入る。
    ・3 Contra.とTen.合わせる。
キリエⅡ
・3´までの leysonの歌い方「ワフン」を意識して重くならないように。
      *それぞれのセクションの始まりは、色合いを感じて歌いだすように。
グロリア
・Contra. 変更箇所
      te(レ) rra(ドレ) pax(ミ) ho(ファレシ) mi(ドレ~)
・Ten.   1LaudaのdaがBas.にはまるように、繊細に入る。
・Contra. Rexcelestisの低い音の e母音が埋没しないように響かせて。
・Ten.   7前のコロルはひとつにまとめる。
・Ten.    filius fiでのばしている間に響きをつくっていく。
・Ten.   patris paで爆発しないように注意。
・Contra. 8miserere ラレレシドレレのドを♯に。
・Sup.  12 下がらない。
      * 少しテンポを速くしました。
      * 11のmiserereは言葉の意味を感じて音量を少し落とす。
      * オケゲムのグレゴリオ聖歌は歌わないことになりました。

2)ビクトリア「アベ マリス ステラ」
1.Dei mater のmaは注意深く降りる。
  5度の響きを意識して下がらないように注意。
2.のばす音は次に向かう。
  Gabri のGaの発音は、上も下も開けてはっきり響かせる。
     又、手前のAveで一度おさめる。
      funda nos~徐々におさめていって、Mutans~また始まる。
    4.ミニマ休符の次の音は、立ち上がりをはっきりさせる。
      Ten. 上昇の順次進行は、ひとつひとつの音をめくるように歌う。
(流れない,押さない)
    5.laris  laからrisへの1音をしっかり上がる。
      * 7.Amenの後すぐにDignare me laudare te,Virgo sacrata.に入る。
        これがあって hymnusが完結する。
        Amenで終わらないのが晩歌の時のhymnus.の特徴。

3) ビクトリア「アベ マリア」8声
   ・ Alt. Ave Maria のri 薄く入ってふくらます。
   ・ Sop. gratia 優しい気持ちで、抑える。Dominus のDo はっきり、
       Benedicta tuは柔らかく。
   ・ Sop.がfructus フォルテで出た後、各パートfructusのフォルテを歌う。
   ・ Sop. et benedictusのetは薄く入る。
   ・ Sancta Maria, Regina caeli, dulcis et pia, o mater Dei,
  規則的なイントネーションの波があちらこちらから聴こえるように。
   ・ O mater Dei の音程、半音の幅に注意。
   ・ Ora proのraは引く(弱)。
   Ut cum さっと色合いを変える。
全音上げにします

4) オケゲム ミサ「カプト」 クレド
 * 各パート、部分的に先生の歌い方を模倣することでつかむ。
  * 次回は続きもやります。
  
(Y.Y.)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-09-11 12:30 | 講座レポート
9月10日 一般クラス(関西)
於母の家ベテル
受講:25名(S8、A11、T3、B3)

内容
<1>発表会と同じスタイルで通し練習
・後ろのオルガンがある方がステージとなる。
・オルガンを祭壇と見なして、2つのグループで左右に分かれて向き合ってすわる。
・グレゴリオ聖歌の楽譜は各自で手に持つ。黒の表紙を各自でつける。黒ければバインダーでも画用紙でもいい。今のままの大きさでかまわない。
・グループ分けは下記の通り。
【奇数節グループ】Magnificatの奇数節を歌うグループ。オルガンに向かって左側にすわる。グレゴリオ聖歌の詩編も奇数節を歌う。ポリフォニーの詩編やAve Mariaのグループ分けは違うので注意(ポリフォニーの時は中央のコワイヤブックで歌う)。
【偶数節グループ】Magnificatの偶数節を歌うグループ。オルガンに向かって右側にすわる。グレゴリオ聖歌の詩編も偶数節を歌う。ポリフォニーの詩編やAve Mariaのグループ分けは違う(ポリフォニーの時は中央のコワイヤブックで歌う)。
・プログラムの前半はアンサンブルクラスによるOckeghem, Missa CaputよりKyrie, Gloria。休憩後、全員で聖母の晩課。

<2>聖母の晩課の流れ
2列で入場。祭壇(オルガンに作る)の前でおじぎをしてから、椅子の前に立って待つ。
[Deus in adjutorium]
先唱 Deus, in adjutorium meum intende.
全員 Domine, ad adjuvandum me festina.(ここでおじぎする)Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.(ここでおじぎなおる)Sicut erat in principio, et nunc, et semper, et in saecula saeculorum. Amen. Alleluia.
[第一詩編]
先唱 Laeva ejus sub capite meo,
全員 et dextera illius amplexabitur me.
先唱 Dixit dominus Domino meo:(偶数節グループすわる)
奇数全員 *Sede a dextris meis.(奇数節グループもすわる)
偶数全員 Donec ponam inimicos tuos, *scabellum pedum tuorum.
奇数全員 Virgam virtutis tuae emittet Dominus ex Sion: *dominare in medio inimicorum tuorum.
偶数全員 Tecum principium in die virtutis tuae in splendoribus sanctorum: *ex utero ante luciferum genui te.
奇数全員 Juravit Dominus, et non paenitebit eum: *Tu es sacerdos in aeternum secundum ordinem Melchisedech.
偶数全員 Dominus a dextris tuis, *confregit in die irae suae reges.
奇数全員 Judicabit in nationibus, implebit ruinas: *conquassabit capita in terra multorum.
偶数全員 De torrente in via bibet:(全員立つ) *propterea exaltabit caput.
(全員おじぎして)奇数全員 Gloria Patri, et Filio, *et Spiritui Sancto.
(全員なおって)偶数全員 Sicut erat in principio, et nunc, et semper,(全員すわる) *et in saecula saeculorum. Amen.
全員 Laeva ejus sub capite meo, et dextera illius amplexabitur me.
楽譜を座席に置いて、中央の譜面台に集合。Victoria, Laudate pueriの隊形で(primus chorusとsecundus chorusに分かれて)立つ。
[第二詩編]
第二詩編のアンティフォナJam hiems transiitの楽譜はコワイヤブックにする(手持ちの楽譜は見ない)。
先唱 Jam hiems transiit,
全員 imber abiit et recessit: surge amica mea, et veni.
Victoria, Laudate pueri(ポリフォニー)
奇数側(左側)に立つのがprimus chorus: Cantus 1, Cantus 2, Altus 1, Tenor 1
偶数側(右側)に立つのがsecundus chorus: Cantus 3, Altus 2, Tenor 2, Bassus
全員 Jam hiems transiit, imber abiit et recessit: surge amica mea, et veni.
席に戻ってすわる。戻る前に楽譜係は次のポリフォニー(Nisi Dominus)の楽譜を開いておく。
[第三詩編]
先唱者だけ立つ(他の人は座ったまま)
先唱 Nigra sum sed formosa,(先唱者すわる)
全員 filiae Jerusalem: ideo dilexit me rex, et introduxit me in cubiculum suum.
先唱者だけ立つ(他の人は座ったまま)
先唱 Laetatus sum in his quae dicta sunt mihi:(先唱者すわる)
奇数全員 *In domum Domini ibimus.
偶数全員 Stantes erant pedes nostri, *in atriis tuis Jerusalem.
奇数全員 Jerusalem, quae aedificatur ut civitas: *cujus participatio ejus in idipsum.
偶数全員 Illuc enim ascenderunt tribus, tribus Domini: *testimonium Israel ad confitendum nomini Domini.
奇数全員 Quia illic sederunt sedes in judicio, *sedes super domum David.
偶数全員 Rogate quae ad pacem sunt Jerusalem: *et abundantia diligentibus te.
奇数全員 Fiat pax in virtute tua: *et abundantia in turribus tuis.
偶数全員 Propter fratres meos et proximos meos, *loquebar pacem de te:
奇数全員 Propter domum Domini Dei nostri,(全員立つ) *quaesivi bona tibi.
(全員おじぎして)偶数全員 Gloria Patri, et Filio, *et Spiritui Sancto.
(全員なおって)奇数全員 Sicut erat in principio, et nunc, et semper,(全員すわる) *et in saecula saeculorum. Amen.
全員 Nigra sum sed formosa, filiae Jerusalem: ideo dilexit me rex, et introduxit me in cubiculum suum.
楽譜を座席に置いて、中央の譜面台に集合。Victoria, Nisi Dominusの隊形で(primus chorusとsecundus chorusに分かれて)立つ。
[第四詩編]
第四詩編のアンティフォナRegali ex progenieの楽譜はコワイヤブックにする(手持ちの楽譜は見ない)。
先唱 Regali ex progenie
全員 Maria exorta refulget: cujus precibus nos adjuvari, mente et spiritu devotissime poscimus.
Victoria, Nisi Dominus(ポリフォニー)
奇数側(左側)に立つのがprimus chorus: Cantus 1, Cantus 2, Altus 1, Tenor 1
偶数側(右側)に立つのがsecundus chorus: Cantus 3, Altus 2, Tenor 2, Bassus
全員 Regali ex progenie Maria exorta refulget: cujus precibus nos adjuvari, mente et spiritu devotissime poscimus.
席に戻ってすわる。
[第五詩編]は割愛。
[小句と小答唱]
先唱者だけ立つ(他の人は座ったまま)
先唱 Ab initio et ante saecula creata sum, ...... ipso ministravi.
全員 Deo gratias.
先唱者だけ立つ(他の人は座ったまま)
先唱 Ave Maria, gratia plena: Dominus tecum.(Dominus tecumで入らない)
全員 Ave Maria, gratia plena: Dominus tecum.
先唱 Benedicta tu in mulieribus, et benedictus fructus ventris tui.
全員 Dominus tecum.
先唱 Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.
全員 Ave Maria, gratia plena: Dominus tecum.
アンサンブルクラスは楽譜を座席に置いて、中央の譜面台に集合。
[賛歌:Ave maris stella](グレゴリオ聖歌もポリフォニーもアンサンブルクラスが歌う)
楽譜を座席に置いて、中央の譜面台に集合。Victoria, Magnificatの隊形で(奇数グループと偶数グループに分かれて)立つ。
[Magnificat]
マニフィカトのアンティフォナSancta Maria, succurre miserisの楽譜はコワイヤブックにする(手持ちの楽譜は見ない)。
先唱 Sancta Maria,
全員 succurre miseris, ...... sanctam festivitatem.
先唱 Magnificat
Victoria, Magnificat(ポリフォニー)
全員 Sancta Maria, succurre miseris, ...... sanctam festivitatem.
席に戻って立つ。
[祈祷]
先唱 Kyrie eleison.
全員 Christe eleison. Kyrie eleison.
先唱 Pater noster, ...... et ne nos inducas in tentationem.
全員 Sed libera nos a malo.
先唱 Dominus vobiscum.
全員 Et cum spiritu tuo.
先唱 Oremus. ...... per omnia saecula saeculorum.
全員 Amen.
先唱 Benedicamus Domino.
全員 Deo gratias.
楽譜を座席に置いて、中央の譜面台に集合。Vitoria, Ave Mariaの隊形で(アンサンブルクラスと一般クラスに分かれて)立つ。
[モテット:Ave Maria]
Victoria, Ave Maria(ポリフォニー)
奇数側(左側)に立つのがprimus chorus: アンサンブルクラス
偶数側(右側)に立つのがsecundus chorus: 一般クラス

<3>諸注意
・おじぎで背中を丸めない。
・グレゴリオ聖歌でプレスをする前に(音が)すわってしまわない。終わりは始まり。
・言葉から言葉へと流れるように。単語ごとにぶつぶつ切れない。
・詩編は、*印の前ではしばらく黙想する。すぐに次に移らない。逆に、次の節(違うグループ)に移る時には時間をあけない。前の節から一緒に歌っているような流れで次のグループが引き継ぐ。

(NI)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-09-10 13:30 | 講座レポート
9月7日 グレゴリオ聖歌演奏法(東京)
配付資料:Offertoria 第3ページ(A4一枚)

7月以来久しぶりの講座では、新曲「In die sollemnitatis」が取り上げられました(『Offertoriale Triplex』p.61および配付資料)。

まずは『Offertoriale Triplex』の譜面で歌ってみます。
ところどころ、ネウマと合わない四角い音符を訂正しました。

61ページ3段目「cam-」の最後:GA+AG→G+AAG(ヴィルガ+プレッスス)
4段目「alleluja」の最初:Ga→GA(リクェッシェンスではなく、流れないペス)
5段目最後:GA+F→GAF(トルクルス)
ページの変わり目:F/F+F→FF/F(ディストローファ+ヴィルガ)
62ページ1段目「et」CDF→CDf(リクェッシェンス)
1段目「loquar」FFF→FFFFF(ストローファ5つ)
2段目最初:F+GFG→FG+FG(流れないペス+プンクトゥム2つ)
2段目「audieris」最初:FG→Fg(リクェッシェンス)
4段目「cordis」最初:AG→Ag(リクェッシェンス)
4段目「cordis」区分線の後:EG→E+G(ヴィルガ+エピゼマ付きヴィルガ)

レの旋法とミの旋法とを行ったり来たりする変わった曲という印象です。

次に配付資料(『Graduale Novum』)の譜面で歌いました。
ハ音記号が第2線に位置していますが、ソルミゼーション(シのない移動ド。すべての半音をミ・ファと読む)では、ドレファミ…と読むことが出来ます。

そしてなんと臨時記号のフラットが頻出しています。
「solemnitatis」の「tis」から、Bフラットをファと読むミの旋法に転調(転旋法)しているわけです。そして、「alleluja」小区分線からレの旋法に戻ります。いずれも第1線がフィナーリス。

現代の我々の感覚では、『Offertoriale Triplex』版は平行調、『Graduale Novum』版は同主調への転調に相当するのでしょう。

ヴェルススからリフレインに飛ぶところで面白いことが起こります。
『Offertoriale Triplex』61ページ4段目最後を「レ・ファ・ミ」と歌った後、『Graduale Novum』版リフレインが「ミ♭=ファ・ソ・ミ」で始まるのです。これは難しい!
頭の中で一度フィナーリスを鳴らしてみると、若干歌いやすくなるような気もしますが…。
「レファミ」(レ=ミ)「ファソミ」

あまりにも複雑で歌いづらいので、後の人が歌いやすいようにアレンジしたものが『Offertoriale Triplex』版と考えられるそうです。

最後に、前回練習した「Jubilate Deo」(『Offertoriale Triplex』p.69)を歌って、レッスン終了。
「In die sollemnitatis」と比べて、なんと歌いやすいことか!
ネウマを生かして、よりよく歌えるよう、これからもがんばっていきましょう。

(E.K.)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-09-07 19:00 | 講座レポート