<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
11月30日 グレゴリオ聖歌演奏法(東京)
前半
OFFERTORIALE TRIPLEX P.13
6.Ave Maria

・プリントP.4,5,6ページ配布
・Versus1.のSpiritus Domini superveniet in te
et virtus Altissimi obumbrabit tibi.
の部分を、Montpeller 159, Benevento 34, Paris 776の、三つの写本で比較しながら歌う。

・Versus2.は、Paris 34 で歌う。
・Paris 34の写本を中心に、Ave Mariaを通して歌う。

後半
・Missa pro defunctisを、ミサなしミサ形式で通して歌う。

次回:いままでにやったOFFERTORIALE TRIPLEXの聖歌4つを復習し、発表会の曲を決める。

(MS)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-30 19:00 | 講座レポート
関西講座発表会♪♪
11月23日(水祝)午後4時から「母の家ベテル」にて、2011年関西講座の発表会が開かれました。101名のお客様をお迎えして、盛会のうちに終了いたしました。

演奏プログラムこちら
http://www.fonsfloris.com/k/20111123program.pdf

今年は聖母の晩課の典礼形式によるプログラム ~ビクトリア没後400年を記念して~
f0201614_12442381.jpg

哲郎先生のお話
f0201614_12443919.jpg

晩課のプログラムの前に、アンサンブルクラスによるヨハンネス・オケゲムのミサ《カプト》より キリエとグローリア
f0201614_12445019.jpg

一般クラスとアンサンブルクラスによる晩課のプログラム グレゴリオ聖歌の詩編などを2隊に別れて
f0201614_124522100.jpg

トマス・ルイス・デ・ビクトリアの詩編
f0201614_1245116.jpg

トマス・ルイス・デ・ビクトリアの8声の「アヴェ・マリア」
f0201614_12453522.jpg

終演後、出演者全員で
f0201614_12454798.jpg

[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-30 16:00 | 講座レポート
11月26日 「総合講座1」イザーク(東京)
出席者:9名

Sequentiaを練習する。
1. Festa Christi
2a. Quae miris
  miris の部分では音の高さ、響きに気をつける。miris から
  sunt modis ornata では音の動きに注意。ミニマ休符の後はリズム感を
  持って表現する。populis では最後をしっかりのばす。
2b. Per omnitenentis
3a. Ut natus est Christus
  natusのnaははっきりと。コントラはvisa の部分で、音のまとまり、強弱、流れに注意し、音が下がらないように。最後は小さめに入って音を合わせる。
3b. At illi non
4a. Secum munera
  deferunt の部分では、音の流れ、言葉のアクセントに注意。
  quem sidus praedicat はリズムに乗って動きを感じながら歌う。
4b. Atque aureo
5a. Hinc ira saevi
  perde(re)の部分で、コントラは音域が低ければラでも可。
5b. O Christe,quantum
6a. Anno hominis
  Deus consecrans の語尾のsをしっかり発音する。バス(とテノール)の 三段目の言葉のつけ方に変更あり。(記載が難しいので後日確認のこと)
6b. Ecce spiritus
7a. Patris etiam
  insonuitはsoにアクセント。
7b. Vere filius
8. Huic omnes

通しで歌う。グレゴリオ聖歌と繋がっていくように歌うこと。回は残りの部分を練習し発表会の内容を決める。

(YH)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-26 15:30 | 講座レポート
11月26日 グレゴリオ聖歌入門(東京)
・配布資料:ページ9

・本日の講義
◇前半:ネウマの解説:4音のパターン
1)9 porrectus flexus 2)10 pes subbipunctis
3)11 scandicus flexus 4)12 torculus resupinus
(3&4の詳細については次回の講義にて)
◇後半:通常唱・4番のミサ、クリスマスの固有唱の練習

◇ネウマの解説
1)9 porrectus flexus (ポレクトゥス・フレクスス)
porrectus(3つの音から成る)に続く次の音が低くなる。
porrectusがflexus(傾く・おじぎ)する、という意味。
基本的には軽く流れるように。

a. 形はclivis が2つだが、同じ高さの音の繰り返しではなく、流れる音形の高さはいろいろ。
(GRADUALE TRIPLEX、p.256、1段目)
「天から突然音がして聖霊が降りてきた」と言う一節
so-nus(音)に付けられているSt.Gallen(ザンクトガレン)のネウマ(赤字)
指示文字Lは1音目をレガーテ(高くする)、あとは“c”(チェレリテル・軽く)する。
…指示文字が付いていなくても基本的に軽やかに。

(p.211、3段目)
Do-mi-nus のDoに付けられたSt.Gallenのネウマ(赤字)
上に付けられた指示文字は、1音目は“P”(ちょっと高く)、3音目を“L”(高く)

(p.213、8段目(一番下の段))
al-le-lu-iaのleに付けられたSt,Gallenのネウマ(赤字)
これは2音目と3音目が同じ高さだが、クリビスが2つと思ってよい。
同じ音形をただ続けるのでなく、2つ目を歌いなおす感じで。

b. エピゼマで後半を拡大するパターン(別写本で)
(p.207、7段目)
alle-lu-iaのleの上に書かれたネウマ

別写本では、porrectus(3音)+1音と分けて書かれたものもある。
St.Gallenのネウマ(赤字)の、最後が下に長くなっているのは最後の音が下に下がることを表している。
その脇に書かれた“i”の字はinferior(インフェリオール・低い)と言う意味。
二重に低いことを強調している。

上に書かれたLaon(ラン)のネウマ(黒字)では porrectusの3音目にエピゼマが付き、その下に指示文字“a”が書かれている。
これは3音目の後にaugete(アウジェーテ・長く)間をとるという指示文字。
この曲は第八旋法(変格)なのでfinalis(フィナリス・終音)ソよりも低く音が伸びている。

c. 分離により第一音を強調するパターン
(p.235、3段目)
alle-lu-iaのleの上に付けられたSt.Gallenのネウマ(赤字)
1音目の後が切れて、実質上virga+torculusになっている。
(ちなみに、次のluの上の赤字ネウマはtorculusの変化形で全体を流さず全部の音をゆっくり長くとる。
前のalの上の赤字の「p」に似たネウマは、virgaの先を丸めた形(=liquescent)
子音“L”をしっかり発語させる。)

2)pes subbipunctus (ペス・スプビプンクティス)
pes+sub(下)+bi(2・繰り返す)+punctus、ぺスの下に点ふたつ、と言う意味
下から上へ上がって2つ目3つ目の音が降りてくる。
(pesに2つ以上の下降音が続く場合の総称としてはpes subpunctis( ペス・スブプンクティス)と言う。)

すべて軽いパターン(基本)
(p.275、3段目)
me-umのmeの上につけられたSt.Gallenのネウマ(赤字)
直前に書かれた指示文字 “e”はequaliter(エクアリテル)、
前の音と高さが同じと言う意味。
上に書かれた“c”(チェレリテル・軽く)は、
2音目も軽く(pesだと基本は2音目が長くなるので)するようにとの指示文字。
  
以下はすべてを軽くしないパターン
分離による第一音の強調
(p.38、1段目)
sci-e-tisのe-の上に書かれたネウマ(赤字)
エピゼマ付virga(ヴィルガ)+climacus(クリマクス)の形で書かれているが、
“1つの音節”に対して書かれているので1つのネウマとしてとらえる。

エピゼマを付けることによって第2音を強調するパターン
(p.300、3段目)
ut e-ru-as(導き出す)のアクセントのある音節e-に付けられたネウマ(赤字)
ぺスにあたる部分にエピゼマが付いてドミナントでもある2音目が長くなる。
ちなみに、-asの上に書かれた2つのペス・スプビプンクティスの1つ目の上の“cm”はC(チェレリテル・軽く)+m(mediocriterメディオクリテル=(モデラート)の意。
“c”速くするのだが“m”それほど速くでもない。
2つ目は何も書いてないので軽く流す。

最後(4つ目)の音を長くするパターン
(p.19、1段目)
De-usのusに付けられた2つのペス・スプビプンクティス
pes+punctum+tractulusで書かれている。4つ目の音がtractulusで長くなる。
(5段目のe-iusのiusにつけられた2つのペス・スプビプンクティスも同じパターン。
ちなみに、上のLaon(ラン、黒字)では、トルクルス+ウンチーヌスの形で書かれ、3音目を長くさせない為に“n”(necnon=No)を付けてある。
ちなみに、「一番低い音で分離している場合は分離させない」という法則があるがこれは来年度で履修予定。)

前半2つを長くするパターン
(p.286、7段目、最後の段)
Domi- ne: のmiに付けられたSt.Gallenのネウマ(赤字)
Pes(ぺス)の部分を流れないpes quadratus(ペス・クワドラートス)にする。
前半2音を長く、後半2音を軽く。

後半2つを長くするパターン
(p.550、4段目)
aedi-fi-caboのboの上に書かれているSt.Gallenのネウマ(赤字)
torculus(トルクルス)の3音目にエピゼマを付け、
tractulus(トラクトゥルス)を足す。急激なリタルダンドのようになる。
上のLaon(ラン、黒字)では、
トルクルスとウンチヌスの間にa(augete長く)をつけて表現している。

後ろ3音が長いパターン
pes(2音で構成、2つ目が長い)+tractulus(低い・引く)を2つ。
(p.560、1段目)
affli-cti-o-nisのoに付けられたSt.Gallenのネウマ(赤字)
pes+tractulus2つ(その上の指示文字はsursum( 高く)か?
下に書かれた指示文字はI(inferius・低く)と思われる。)
続くnisの上に付けられたpes subbipunctusには第5音が続いており、pes subbipunctus resupinus(最後の音が上がる)というネウマ。

4音全部が長いパターン
pes quadratus(ペス・クワドラートス)+tractulus2つ。
(p.44、5段目)
fe-rumのrumに付けられたSt.Gallenのネウマ(赤字)

3)scandicus flexus
上って行くscandicus+4つ目の音がflexus(下がる)
<詳細は次回の講義にて>

4)torculus resupinus
torculus+4つめの音がもう一度上がる
<詳細は次回の講義にて>

==================================

1)通常常唱(Ordinarium)第4番のミサ
(GRADUALE TRIPLEX p.725~)
IN FESTIS APOSTOLORUM(聖徒の祝日のミサ)

<Kyrie> (p.725)
最初のKyrie*までは先唱者が歌う。以降は複縦線まで毎を左右で交互に歌う。
複縦線の下に書かれている“bis”は、代にヴァチカン公会議以降、“2回歌う”と決められて以降のもので、それ以前は3回歌われていた。 (講座では古来のとおり3回で歌う)
最後のKyrieは*までを1Choir、そのあと**までを2Choir、
**以降eleisonは全員で歌う。

<Gloria> (p.725-p.726)
最初のGloria inexcelsis Deoまでを先唱者が歌う。以降は交互に歌う。
最後のAmenは全員で。

表現上の注意:
p.725最下段、a-gimusのmusの、テヌート付四角譜は、
clivisにteneteがついたもの。両方の音を長くとる。
p.726の“Deus Pater”“Iesu Christe”“Filius Patris”
“Qui tollis peccata mundi”は途中で切れずに1続きのフレーズとして歌う。

<Sanctus> (p.727)
最初のSanctusは先唱者が歌う。次のSanctus以降は全員で歌う。

<Agnus Dei> (p.727)
最初のAgnus Dei*までは先唱者が歌う。以降は全員で。Kyrieのように3回歌う。

表現上の注意:
ピタゴラス音律の長3度は広めに、高くとるように。

2)クリスマスの固有唱(Proprium) (p.47~)
日中のミサ Ad Missam in Die
第七旋法。Gloria Patriの部分は第七旋法のものを使う。

(p.47~48)Introitus入祭唱 (イザヤ 9:6; 詩編97) VII(第七旋法)
2回繰り返して歌われるが、その間にPs.(詩編)をはさんで歌われる。
詩編の部分だけが続けて書かれおり、詩編の最後に必ず歌われる三位一体を賛美する一節(Gloria Patri~)は旋法毎に歌うもの決まっており、同じ旋法の曲では同じものが使われるので、巻末にまとめて載せられている(p.824)

p.48、2段目、Ps.(詩編)の
最初のcantate Domino canticum novum:までは先唱者が歌う。
続くquiから後は全員で歌う。

p.824、4段目のVII(第七旋法)のGloria~
最初のGloria~Sanctoまでは先唱者が歌う。その後は全員で歌う。
Amenまで歌ったらp.47へ戻る。(2段目Angelusまでで終わり。)

(p.48、4段目~p.49、2段目)Graduale(昇階唱) V(第五旋法)
Iderunt omnes*までは先唱者が歌う。その後は全員で。
最後まで歌ったら最初に戻り、
6段目の二縦線の(V)が付いているところまで歌って終わる。

(p.49、3段目~) Alleluia(アレルヤ唱) II(第二旋法)
この楽譜は「ヘ音記号」
最初のAlleluia, 句分線までを先唱者が歌う。その後は最初から全員で歌う。
最後にまたAlleluiaを最初に戻って歌う。
(大昔、500年以上前はAlleluiaに戻らずSequentia(続唱)を歌っていたが、16世紀以降は廃止され、Alleluiaに戻って歌うことになった。(ジョスカン・デ・プレ等の時代にはまだSequentiaを歌っていた。)

歌詞の意味:
「アレルヤ、聖なる日が私達を照らした。
来なさい、諸国の人々よ。そして主を拝みなさい。
なぜなら、今日 偉大なる光が 地上に降りてきたのだから。」

表現上の注意:
3段目、Al-le-lu-iaのluの四角譜の、上側の小さな音符は、元々はpesの上の部分が欠けたもの。
Lu-iaのiの音(経過音で強く発音しない)をそこで歌う。
luのまま上の音に上がらず、上の音ではiを歌うように。

(p.49、最後の段~Offertorium(奉納唱)は次回の講義にて)

(MM)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-26 13:00 | 講座レポート
11月20日 アンサンブルクラス(関西)
 オケゲム ミサ「カプト」
 ビクトリア「アベ マリス ステラ」
 ビクトリア「マニフィカート」

 1)オケゲム
   定旋律(バス譜)をwiで歌う

 2)グロリア
   Sup. 出だしの音動きが止まらないように注意して。
   Ten. 1.ひとつひとつの音符が全部違う色のイメージで音程をクリアーに動かす。
   Ten. 3.の12拍前 Graciasのリガトゥーラ つっこまない。
   Sup. 3.a(ファソラシラ)gi(ら)mus(ファミ)
   Contra. 4.am(レファーソラ)のラの音注意。
   Contra.とBass. 7.最後の Filius patris の us~の動き 聴きあって。
   Sup. ページ頭のレラの5度 平均律にならないように。
       8.のpeccata 上降と下降の歌い方の違いを感じて。
   Ten.14. amen ラのブレビス 響きを保って。

        *低い音で押さない
        *高い音の[e]母音をつぶさないように、上にも下にもひろがりをもって。
        *ミニマの動きの時に流れを積極的に表現する。

 3)キリエ
   冒頭の5度がチェロの調弦のように倍音が安定して響くように
   Ten. 2.の前のsonの跳躍はContraとの掛け合いを受けておさめる。
   Sup. 2. Kyrieのeのフレーズは紡ぎだしてどこかに向かって行って終わる。
        Christe 動きが生ぬるくならない。
        子音とるとるで各パートのeleyが浮き出るように。

        *音を伸ばしているとき固くなると響きが落ちていくので気をつける。

 4)アベ マリス ステラ
    グレゴリオ 1.女声  3.男声  5.女声  7.全員
      *グレゴリオはポリフォニーの時の2/3の音量にして、音をそろえる。
      *5度の響き、2度の上がり方、細心の注意をはらって。   
      * オケゲムはフランスの宮廷で貴族のために小編成の聖歌隊で演奏され
        たもの。それに対して、ビクトリアは100年新しい感じにしましょう。
        母音を明るく鳴らして。
    2.Sup. 最後のnomenはBassのmenを聴いてから動く。

 5)マニフィカート
      *歌詞を暗譜するぐらいのつもりで練習しましょう。

(Y.Y.)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-20 13:30 | 講座レポート
11月19日 一般クラス(関西)
於母の家ベテル
受講:26名(S8、A9、T6、B3)

内容
<1>来年度の講座の案内
・講座は4つ。1、2、3は土曜日。4は日曜日。
・講座1はルネサンス初心者クラス。このクラスのみほぼ毎月講座がある。おもに16世紀後半のパレストリーナとかビクトリアとか。記譜法の読み方から始める。
・講座2はグレゴリオ聖歌。講座1か講座3を受ける方は必ず講座2をセットで受けること。ミサ固有唱を古ネウマで歌う予定。
・講座3はルネサンス中級クラス。一通り基礎のわかった方向け。おもに現在の一般クラスの方が継続されるとよいと思われるクラス。フランドル楽派のジョスカンのモテットを歌う予定。
・講座4は上級クラス。今年の続き。定員あり。コントラ、バッススに空きあり。テノールでも場合によって可。
<2>発表会の総練習
・座る席を決める。
・席順で並んで入場の練習。
・入場は、動きが止まらないことが大切。特におじぎをしている間。そのために1メートル半くらいの間隔をあける。
・席の前に着いたら、立って待つ。
[Deus in adjutorium]
・言葉が切れないように。フレーズごとに常に末広がりになるような感じ。
[第一詩編]および[第三詩編]
・立ったり座ったりは休符の間にさっと。
[第二詩編] および[第四詩編]
・この楽譜を最初から開けて譜面台に置いておく。
・出すところ、そうでないところ。すべての音を同じにしない。
・三度を純正に。三度を担当するパートは特に気をつける。
・楽譜係が次の楽譜の準備をする間に席に戻る。
[小課と小答唱]
・最初のDominus tecumで入らない!
[賛歌:Ave maris stella]
・アンサンブルクラスで練習するため省略。
[Magnificat]
・Antiphona:[e]の母音を揃える。広いけれど落ちないように。devoto femineo sexuを続ける。
[祈祷]
・Magnificatから席に戻った時座らない。
[モテット:Ave Maria]
・Aveの-veの母音が落ちないように。
・バスの音をよく聞いて音程を合わせる。
・小さくするところでちゃんと小さくして、盛り上げるところとの差を出す。

(NI)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-19 13:30 | 講座レポート
10月22日 「総合講座1」イザーク (東京)
出席者:S3、A4、T3 計10名

◯始めから通して練習する。
時間切れで全曲出来ず、Sequentia 6a(P10)まで。

練習した曲
入祭唱:Ecce advenit Dominator Dominus
アレルヤ唱:Vidimus stellam ejus in Oriente
続唱:1.Festa Christi(グレゴ)
2a.Quae miris(ポリフォニー)
2b.Per omnitenenis(グレゴ )
3a.Ut natus est Christus(ポリフォニー)
3b.At Illi non cassam (グレゴ)
4a.Secum munera deferent(ポリフォニー)
4b.At Quae aureo tumidi (グレゴ)
5a.Hinc Ira saevi(ポリフォニー)
6a.O Christi,quantum patri exercitum(グレゴ)
6b.Anno hominis trigesimo(ポリフォニー)

○全体を通しての注意事項
言葉とフレーズを考えて大事な音とそうでない音と区別して歌う。全部同じ音ではない。
語尾は出しっぱなしにせず収める。

○曲ごとの注意事項
①入祭唱グレゴリオ聖歌
Dominus(ミソファミ ファミミレミ ミレ)ミの響きを保ちながら歌う。
imperiumu(ソファソファミ ファミ ミレミ ミレ)全部の音を歌うのではなく大事な音ファミレの流れが聞こえるように。

②イザーク
P1Ecce advenit Dominator Dominus
・Ten.冒頭Dominatortorは収まる。
・練習番号①の前Dominuscontraは終わり、sup.bas.は次の音で終わってまた始まる。
sup.bas.が終われるようにcontraは収まる様に歌う。
・練習番号①に入ってから、Ten. et regunumの et(ドラのラ)下がり過ぎないように、
次のシ(ミ)を高く。
P4VidimusStellam ejus
・contra.練習番号④in oriente Bass.を聴いて高めに。

(YH)
[PR]
by fonsfloris-k | 2011-11-10 15:30 | 講座レポート