<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
1月28日 ラウダを歌う(東京)
出席者6名

◎最終回のまとめ

音楽史の文章の中でラウダについて書かれたものを先生が読んでくださり、
あらためてラウダというものについてとらえる。

・13世紀。はじめてイタリア的な音楽の証言として残されたものである。
・母国語で、一般の人々の情感に触れる言葉で、神を賛美する作品によって
 人々の宗教心を駆り立てた。
・大げさなメリスマや知識のひけらかしでない自然な音楽で、よりイタリア的といえる。

◎2月11日の発表会の練習

曲:Venite a laudare/De la crudel morte de Cristo/Amor dolce senca pare

※発表会に出演できなくなった受講生もあり、構成を少々変更し繰り返しおさらいする。

※楽器を担当するもの、ソロを歌うもの、ドローンで支えるもの、それぞれが補い
 あいながらより互いに呼応した演奏を求められる。
※言葉により敏感に感じながら各部分を表現することを求められる。

★先生より来年度の講座について前回同様のご説明あり。今年、大変素晴らしい1年間の
 講義でしたが、さらに深まりそうな内容に魅力を感じながら、まずは発表会を
 目指してそれそぞれの課題を持ち帰りました。

(T.I)
[PR]
by fonsfloris-k | 2013-01-28 14:30 | 講座レポート
1月12日ルネサンス音楽を歌う[1]ジョスカン・デ・プレ(東京)
出席:14名

・前半:Agnus Dei ⅠとⅡ
 後半:Sanctus , Pleni sunt , Osanna , Benedictus を練習。

・発表会ではSanctus , Pleni sunt , Osanna , Benedictusを歌う
・発表会詳細のプリント配布。各自よく目を通すこと。

《前半》
Agnus Dei Ⅰ
 ・最初の部分、バッススとコントラは聞き合うこと。
 ・大きな流れを感じること。
 ・音の動くところに音楽の表現あり。
Agnus Dei Ⅱ
 ・テノールⅠ/バッスス とテノールⅡ/コントラ とのカノンである
  ことを解って歌うこと。
  音楽が複雑で簡単に聞き分けられない構造になっている。
  →わかり易い音楽を目指すようになったのはバロックの時代。
   (宗教改革などの影響)一般の人々へのわかり易さを追求。
   ルネサンス期は音楽に精通している人々(司祭、修道士、音楽を愛好する貴族など)
   を聴衆として想定している。
 ・楽譜に書かれているのは音楽の一部に過ぎないので、書かれていない
  部分の表現を目指して歌わなければならない。

《後半》
Sanctus
 ・一本調子にならない歌い方を目指すこと。
 ・各パート、各部分の役割りを感じて歌うこと。
 ・フレーズのまとまりを掴んで歌うこと。
 ・カデンツをわかって歌うこと。
  *カデンツ(=終りであり始まりである)の一音前(ぺヌルティマ)
   で響きをつくり、カデンツで落ち着く(解決する)。
   すなわち、ぺヌルティマめがけて歌い。ムジカ・フィクタでテンション
   が高まり、そして終わる。
 ・フレーズの始まりは抑え気味に始め皆の響きの中に入っていく歌い方が大切。
 ・響きが伸びていく中で互いに音を確認すること。
  *「伸ばしていく」意識が大切。終りをイメージしながら伸ばす。
 ・響きを聞き合って共鳴させる。
 ・“Sanctus”から“Dominus”へ言葉が変わるところを意識すること。
  →音楽も変化する。
 ・動きの面白さを伝えるために、細かい音の響きを作り直す。但し、
  過剰にならないこと。
 ・終りが次の始まりであることを意識して歌うこと。

Pleni sunt
 ・“celi”の e の母音に注意=スピリチュアルな響きで。
 ・子音を「取って」いくようにはっきりと。

Osanna
 ・3拍子の動きを感じて歌うこと。
 ・3拍目をつかみ直して次の1拍目への流れを作るように歌う。

(EK)
[PR]
by fonsfloris-k | 2013-01-12 13:00 | 講座レポート