<   2014年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
5月25日アンサンブルクラス 中世の音楽(関西)
13:30-17:30 於母の家ベテル
「アンサンブルクラス 中世の音楽」
受講:9名(S4、A2、T2, B1)

内容
<1>Machaut, La Messe de Nostre Dame, Gloria
・二重線のあるところでちゃんと終わる。finalisで終わっている。それ以外のところは通過点なので止まらない。
・triplumの旋律線が歌詞の雰囲気をリードしている。
・Etはレーラの透き通った響きなのに対し、inではファが入って濁った響きになる、という違いを感じて。
・triplumのhominibusの-ni-のようなミニマの音型は装飾のようなものなので遅れない。
・voluntatis.の後アーティキュレーションして、Laudamusをていねいに。
・tenorのgracias agimus tibiのti-にあたる音がぬけている。brevisでドの音。
・unigeniteのところ、Gloriaでは初めてminimaごとに音節がつけられている。ささやくように。
・contratenorのQui sedesのQuiの音はbrevis plica。
・ad dextaram patrisとmiserereの間は切れるけれど、patrisの響きのままmiserereに入るように。
・Amenの最初の音など、レーラは完全に倍音の中にある音のみで、それ以上主張しない。
・シンコペーションになるところは音2つずつを単位にとる。
・Amenのsemiーsemi休みが連続してかけあいになるところ、声部が重ならないように、音を短めに。声帯を開けた瞬間に音が鳴るように。
・Amenのcontratenorも細かくておもしろいけれど、triplumとmotetusのかけあいの方が主役で、contratenorはそれをもりたてる役目。
<2>Machaut, La Messe de Nostre Dame, Kyrie
・Christeのグレゴリオ聖歌の時、eleysonの-ley-のつける場所を変える。練習番号[3]のリガトゥーラの後の音ファで-ley-という。
<3>Machaut, La Messe de Nostre Dame, Credo
・Patremの出だしの音、息がもれないように。
・invisibilium(-umのつなぎ)とEtの間で一瞬アーティキュレションする。その後のunum Dominum Jesum Christum filium Dei unigenitumまでは同じ格(-um)が続くので途切れないように。
・Et vitam venturi saeculiの最後の-liの音、motetusはミ(ソ♯)だけれど純正に取る。ドーミは広いけど、ミーミ(ソ♯)は純正に。

(N.I.)
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-25 13:30 | 講座レポート
5月24日総合講座 グレゴリオ聖歌とフランドル楽派のポリフォニー(関西)
13:30-17:30 於母の家ベテル
「総合講座 グレゴリオ聖歌とフランドル楽派のポリフォニー」
受講:20名(S9、A6、T4、B1)

内容
<1>Introitus: Gaudeamus(新たに配布したグレゴリオ聖歌)
・Gaudeamusは聖母のミサの入祭唱(introitus)は2種類しかないうちの1つ。もう1つはSalve sancta parens。
・第1旋法の復習。finalisはレ、dominantはラ。レーラの5度をとる練習。
・レをならしてから倍音(1オクターブ上のラ)をきく。倍音はすでに備わった音。それを聴きながら音程をとる。
・母音でアーティキュレーションしない。特にGaudeamusのdeとaの間でアーティキュレーションしない。
・母音が子音に影響されないよう、子音の発音のしかたに気をつける。これはポリフォニーでも大事で、声部間の受け渡しに関係する。
・cujusの後は祝日によって歌詞が変わる。今回はとりあえずcommemorationeとしましょう。
<2>Obrecht, Salve Regina
・Usualis版(通常の)グレゴリオ聖歌、次にオブレヒトの地方で当時歌われていたと思われるグレゴリオ聖歌で、Salve Reginaの旋律の復習。
・オブレヒトのポリフォニーの練習のつづき。
・5度の音程を聞く。ポリフォニーになっても倍音を確認しながら。
・コントラが定旋律。音の変わり目で他のパートをリードするような歌い方に。
・コントラもバッススも、練習番号5からsuspiramusと言う(それより前はteのまま)、と歌詞をつけかえる。詳しくはコワイヤブックを参照。
・スペリウスのvalleは1回だけ言うように歌詞をつけかえる。
・Jesumの後に区分線があったりページが変わったりするが、ここで止まらない。次のページのbenedictum fructum ....につながる歌詞なので。
・スペリウスのbenedictumにフィクタ。
・コントラのo piaはリガトゥーラの勉強によい見本。正解は[L B B L B] [B B] [B B B] [L]
・最後にコワイヤブックで、オブレヒト時代のグレゴリオ聖歌と交互に歌ってみました。

(N.I.)
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-24 13:30 | 講座レポート
5月17日ルネサンス音楽を歌う[1]デュファイと即興曲和声の楽しみ(東京)
1.Fauxbourdon:発声と旋律の歌い方 
 響きをいかにして出し続けるか。
 共鳴は互いを聴くことで続ける。
 旋律の最終音を大切にする。
 4度、6度の音程を正確に。miは高めになど。
 カデンツ パターン・装飾 パターン・倍音の鳴らし方など。 

2.楽譜を使って
(註)表紙裏から P1~11 とした場合、P3 と p4 が反対になっている。
正しくは、左P3 にXpe・・・(グレゴリオ聖歌)と (S.) を。
    右p4 に (Cont.T.) と (T.) を。

a) p1 のグレゴリオ聖歌に4度、6度をつけて練習をした。
  ポリフォニーの 主旋律 (S.) をフォーブルドンで歌うことも試みる。
 b) p3~4 イギリス風 faburdenで (T.) が主旋律。
3声部を合わせて歌ってみる。
  音符の分割点、付点、メンスーラの完全[3]と不完全[2]、
  3分割の場合の倍加、不完全化の説明。
 c) 最終ページ Magnificact.
晩課で基本的には詩編としてtonaerareru唱えられるが、
  一部をfauxbourdonにしてみる。
  p7 dexyufaiによるMagnificact(第8旋法)の前後に
p5 の Antiphona:Propter nimiamをつけて歌う。
 d) 今後はP7,8~P9,10 の ポリフォニー(Magnificactの奇数節)
  の練習を進める。

(MN)
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-17 13:00 | 講座レポート
5月17日 グレゴリオ聖歌2 ミサの聖歌(東京)
聖霊降臨の日 日中のミサ
 ミサの進行にそって歌いながら進めました。
 (P の数字は Graduale Triplex のページ数)

① 入祭唱Introitus
 P252 先唱:Spiritus Domini  *replevit 以下は全員で歌う
  Ps(Psalmus 詩編) Exsurgat~は司祭 et fugiant~全員で
P824 一番下 第8旋法 Gloria Patri et filio ~は司祭  
  Sicut erat~は全員で。  saeculorum~はvelの旋律で歌う。
P252 Spiritus Domini 冒頭から再度全員で歌う。

 ★Liquescens の説明 
  例:Spiritus ?(sの長さを強調。sをしっかり言う)?
    母音で上行2音分の音価を歌わず、上の音で子音を発音する感じ
    他に orbem continet omnia sciencia alleluia
★Graduale Triplex と Novum(資料プリント) の比較
  プリントp3
1段目 replevit  Novumはファラ ラド ドレに。(Laon のネウマを採用。)
  2段目 terrarum Novumはソソドド。いずれもネウマに合わせて1音入れた。
   omnia Triplexはソラドドドだが Novumはソラシシシ
ドよりシの方がはじめは優性だったと考えられた。
3段目 Scientiam habet メロディが違う。ネウマだけではわからない。
     他の写本と比べてNovumは古い時代を忠実に再現しようと試みている。
     Triplexの方が華やか(音域が高い)に感じられる。

  プリントp4 3段目 
   【訂正】Sicut ドララド→ドラシド Et in ドララド→ドラシド

② Kyrie (P710) Ⅰ TEMPORE PASCHALI (Lux et origo 光の根源である神よ)
  大区分線まで二組に分かれ、交互に3回ずつ歌う。
★tropusの説明 中世、Kyrieのeで伸ばすメリスマの部分に歌詞を挿入して歌った。
その歌詞の初めの言葉をとってタイトルにした。Kyrieにはすべてtropus がある。

③ Gloria(P712)

④ 集会祈願 Collecta  P799 一番下
 Dominus vobiscum R(Responsum): Et cum spiritu tuo
祈祷 最後に P801 B Oremus~ P802 Post collectam R:Amen

⑤ 使徒書朗読 P804 LectioⅡ

⑥ 昇階唱Graduale またはアレルヤ唱Alleluia

⑦ アレルヤ唱Alleluia あるいは詠唱Tractus(喪に服している時 悔い改める時
に歌う 例P73)  このミサでは Alleluia を2曲歌う。(⑥⑦)

P252 Alleluia(第4旋法)
    初めの小区分線まで先唱。そのあと全体で冒頭から歌う。
    V(Versus)終わったら初めに戻る。 
【訂正】 プリントP5の通りに。
 P253 1段目 te ソ-♭シラソ ラファファミ- → ラファミ-(ファを1つに)
     2段目 et renovabis ファファファ ミファファ → ミミミ ミファミ

P253 Alleluia(第2旋法)
5段目 Spiritus 流れるトルクルス(さらりと早く)
 クリヴィス(少し長め)の説明
6段目 fidelium クリヴィスの説明
     最後まで歌ったら、初めに戻らずに、すぐ次の続唱Sequentiaへ進む

【訂正】P253 4段目 レファミドドレ→レファミドレレ(ぺス ストラートゥスがあるから)
   8段目 4段目と同様に。

★Allrluia2曲とSequentiaは3曲続けて歌われる。

⑧ 続唱 Sequentia(通常のミサでは歌われないが、聖霊降臨の日のミサでは
歌われる)
Veni Sancte Spiritus 詩が3行詩(中区分線 大文字で始まる)。
韻を踏んでいる。(ぜひ 歌詞を書き出してみてほしい!!!)
最後に Amen Alleluia(プリントP6)を歌う。
訳詞(プリントP6)には 1a 1b…とあるが、aとb 二つに分かれて交互に
歌う。abは歌詞は違うが同じ旋律。同じ旋律を2回繰り返して歌うように作ら
れている。
★この曲は比較的速いテンポで、また15世紀には3拍子で歌われていただろう。
デュファイの曲に3行詩のものがある。 Sequentia以外にイムヌスでも同様
な詩の作りになっている。

⑨ 福音書朗読 Evangelium
 P807-C R:Et cum spiritu tuo ~ P808 R:Gloria tibi Domine
その後は朗読 終わると引き続きすぐ 
⑩Credo (司祭がすぐ Credo~を歌う 説教はなし)

★Ottava (オッタ-ヴァ TBSインターネットラジオ) のamorosoという番組の収録に
花井先生がいかれたとのこと(5/12)。オンデマンドで1週間は聞けます。
ぜひ急いで聞いてみて下さい。
この番組のテーマ音楽などをカペラが担当したそうです。
Ottavaは7年前に始まり、今年6月末でのサービス終了が発表されていましたが、
その後、ナクソスジャパンが運営会社を設立してサービスを継続することになりました。
 
(TO)
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-17 13:00 | 講座レポート
5月9日グレゴリオ聖歌演奏法(東京)
晩課(Vesprae)の流れ
☆前半
 アンティフォナと詩篇により構成されている。聖務日課の
 中心部分は、150からなる詩篇で、この詩篇を一週間で全て唱えるの
 が修道士達が聖務日課を行う目的(祈り)である。
 晩課には五つの詩篇があるが、これは暗記するくらい唱えなくてはいけな
 いものであるらしい。
 グレゴリオ聖歌の魂ともいえるものである。
 今日の講座では、5つのうち、4つまで練習することが出来た。
 (P251~P254)
 今年は、この5つの唱え方を、いろいろな旋法で歌っていく。

☆後半
 小さな聖書朗読(Captitulum)以下の式次第の説明。
  *P256に朗読の言葉、P123に歌い方の楽譜
続いてイムヌス(Hymnus)を歌う。
  *イムヌスは有節歌曲、たいていは4行詩、讃美歌の先祖と考えられる
   訳詞は資料2ページ参照
 マニフィカート(前後にアンティフォナがつく)(P207)
  *詩篇と同じように唱える。資料4ページ
 アンティフォナの後、祈祷(P231右、P99*この日の固有の祈祷文、資料4ページ下)
 そのあと、最後の歌、ベネディカームス(P126)、デオグラツィアスで終わる


☆今日も、最後に、P279のサルヴェレジーナを歌いました。とても美しく親しみ
やすい旋律で思わず口ずさみたくなってしまいます。
 起源は意外と古く、中世フランスまで遡るらしいが、詳細はまた次回に。

(KM)
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-09 19:30 | 講座レポート
◆◇◆ ラモーへのお誘い ◆◇◆
今年はフランス・バロックの巨匠ジャン=フィリップ・ラモー Jean-Philippe Rameau (1683-1764) 没後250年を記念して、世界各地で、そして日本でも様々な演奏会が企画されています。フォンス・フローリス関連でも8月31日に合唱団による宗教音楽全曲演奏を予定していて、目下鋭意練習中です!http://www.fonsfloris.com/choeur/

そしてフォンス・フローリス古楽院でもラモーを聴き、学ぶ講座が今週から始まります。通して受講すればラモーの全体像を知ることができます。1回ごとの受講もできますので、気になる回だけでもぜひおいでください。講義のあとはおいしいフランス・ワインを楽しみながら、フランス・バロック談義に花を咲かせましょう。
☆古楽院のテレビを新調しました!前より大きく美しい画面で画像等お楽しみ頂けることと思います(^.^)
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*
音楽史講義3「フランス・バロック音楽を聴く
〜ラモー没後250年を記念して」
講師:関根 敏子

受講料(茶菓代含む):1回ごと 4,000円 6回通し 20,000円
土曜日 18時30分〜21時 5/10、6/14、7/12、9/13、10/11、11/8
申込・問合:窪田 m-kubota@fonsfloris.com
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

2014年はフランス・バロックの大作曲家ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)の没後250年にあたります。この機会にこの大作曲家の作品を、CD 音源やビデオなどを使って体系的に聴いていこうという講座です。フランス・バロックのスペシャリストで、NHK FM 「古楽の楽しみ」の解説でもおなじみの音楽学者、関根敏子先生が楽しくお話しします。代表的なオペラについては、あらすじ、見所などを解説した後に、ハイライトをじっくり鑑賞していきます。各回ごとの受講も可能です。
講義後にはフランス・ワインと茶菓をお楽しみいただけます。

 第1回5月10日ラモーの生涯と鍵盤音楽(1. 舞曲)
 第2回6月14日鍵盤音楽(2. 標題曲)、クラブサン合奏曲集
 第3回7月12日世俗カンタータ、宗教音楽
 第4回9月13日オペラ1「イポリットとアリシ」
 第5回10月11日オペラ2「プラテ」
 第6回11月8日オペラ3(未定 お楽しみに!)


関根敏子《プロフィール》
桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科(音楽学)卒業後、フランス政府給費留学生としてフランス国立パリ高等音楽院(パリ・コンセルヴァトワール)に学ぶ。またチェンバロをスコット・ロス、トン・コープマン他の各氏に師事。帰国後、桐朋学園大学・早稲田大学・立教大学講師を経て、現在は昭和音楽大学・東洋大学・白梅学園大学各講師、音楽文献目録委員会事務局長。その他、新潟大学・京都市立芸術大学での集中講義、朝日カルチャーセンター、さらに新聞や雑誌の評論など。NHK-FM番組「古楽の楽しみ」を担当。
主要な著訳書:『古楽演奏の現在』(監修)、『西洋の音楽と社会:後期バロック』(監訳、2巻)、『ドメニコ・スカルラッティ』[いずれも音楽之友社]、A.ヘリオット著『カストラートの世界』(国書刊行会、共訳)、ドメル・ディエニー著『演奏家のための和声分析と解釈:フォーレ』(シンフォニア、 翻訳)、『音楽がわかる。』(共著、朝日新聞社)、『21世紀の音楽入門1〜7(共著、教育芸術社)、リスト著「ショパン」(訳)他、多数
[PR]
by fonsfloris-k | 2014-05-05 11:37 | その他