<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2月10日ルネサンス音楽入門講座 (東京)
旗の台のえびらホールにて
ルネサンス音楽入門講座の最終回が
櫻井先生の指導のもと行われました。
ハインリッヒ・イザークのProphetarum maxime
を通して歌いました。

・冒頭の子音”Pro”をよく聞かせる
・声帯をピッタリくっつけた状態〜少し息漏れするくらいの状態のどの位置に自分の声の状態があるかを意識すること。音楽の表情によって使い分ける。→強い調子で歌いたいとき、息の量を増やすよりも、このように音色を変えることで対応する。
・ウの母音:唇の幅が厚くならないように注意する。


222ページ:
・点に向かう付点と抜ける付点があるのを意識して歌う。
・ネイネイで歌うと、各パートが何の音を歌っているか聴きやすくなる。

・音にはそれぞれキャラクターがあるのを意識
fa:やわらかい
mi:かたい

[PR]
by fonsfloris-k | 2018-02-10 13:30 | 講座レポート
2月10日 グレゴリオ聖歌入門講座(東京)
本日はえびらホールで渡辺先生の指導のもと、
グレゴリオ聖歌入門講座最終回が行われました。

入祭唱:
・Gloria Patri →何度も歌われる句なので、手慣れた感じで歌えると良い
・繋がっている音符は繋がっているイメージで歌う。
・空間を見渡して、そこに満ちている響きを聴きながら歌うこと。そうすると音が揃う。

拝領唱:
・女声は男声の音に含まれる倍音に合わせるイメージで歌う。
・フィナリスの響きを共有する。5度上のときフィナリスと調和する音程を歌う。
・倍音の5度を歌うと、綺麗で、楽に歌うことができる。
アレルヤ唱1:
・terrae→母音のメリスマ部分で母音を伸ばすとき、口の形を変えないことで音をつなげること。

[PR]
by fonsfloris-k | 2018-02-10 10:00 | 講座レポート